カープ新井貴浩の力の源泉はカープファンの声援にあった!

2015年に黒田投手とともにカープに戻ってきた新井選手。
2016年には100打点を超えるなど大活躍し、チームの25年ぶりの優勝に貢献、さらにMVPにも選ばれました。

新井選手は「阪神から広島に戻ってきてから最初の打席で、ものすごい声援をくれた」ファンへの感謝の思いが、高いモチベーションを生んでいるといいます。
2000本安打も達成し、レジェンドと呼んでもよいほどの成績を残していますが、もともとドラフトには引っかからないと思われていました。

事前に大学の先輩である野村謙二郎選手の自宅でスイングをアピールしたことが功を奏して、ドラフト6位で指名されました。
人一倍の努力と持ち前のパワーで早くから頭角を現し、カープの次期4番として期待されていました。

しかし、FA権を取得した年に、阪神タイガースへと移籍してしまいます。
このときの発言がファンの怒りを買ってしまい、阪神時代の新井選手の打席ではブーイングも受けました。
カープに戻ってくることが明らかになった当初も、「よく戻ってこられるな」という意見も多くありました。

ただ、キャンプで若手を明るく引っ張る姿、そして誰よりも努力をしている姿に、次第に反発するファンは減っていきました。
それがカープ復帰後初打席での声援につながったのではないでしょうか。
大ベテランながらひたむきに努力を続ける新井選手は、まだまだ新しい記録をうちたててくれることでしょう。

福岡ソフトバンクホークスホークス、千賀滉大の野球人生。

WBCの日本代表侍ジャパンで「お化けフォーク」の持ち主の一躍有名になった千賀投手。
彼はWBCでベストナインに選ばれるなど世界に評価されました。

千賀滉大投手は、福岡ソフトバンクホークスに在籍しており、チームには欠かせない先発ピッチャーの1人です。
150キロを超えるストレートとお化けフォークの組み合わせであらゆるバッターから三振を奪います。

そんな千賀投手の経歴を知らない人は有名校出身上がりだろうと想像する人もいるはずです。
しかし、彼の経歴は全くの逆です。

千賀滉大投手は、ソフトバンクで育成ドラフト4位で入団しています。
もらった背番号は128番でした。
三軍からのスタートでした。

高校までさかのぼってみると、愛知県の無名の公立高校出身で甲子園の出場は全くなく、自分が三年生の時も3回戦ほどで負けているチームでした。
また、千賀滉大投手は高校で野球をするつもりはなかったと言います。

しかし、当時とソフトバンクのスカウトは彼の柔らかい肘などに育てれば素晴らしい投手になる素質を持っていると目をつけてスカウトしました。
他の球団は全く目を付けていませんでした。1年目は徹底的に身体の強化をして球速を上げました。

そして、約6年の時を経て今の彼があります。
無名の投手だった千賀投手は今や日本の宝です。

孤高のスラッガーDeNAベイスターズの4番筒香嘉智。

バッターにはいろいろなタイプがいますが、天才と呼ばれる打者はその人独特のバッティング理論が確立していると思います。
王貞治、前田智徳、落合博満、イチローなどそれぞれ独自の理論を持っています。

現在のNPBの中で唯一あてはまるのが、DeNAベイスターズの4番である筒香選手ではないでしょうか。
もはやベイスターズの4番というよりは日本の4番という方がしっくりくるかもしれません。

今年のWBCでは侍ジャパンでこれまで4番を打つことが多かった日本ハムの中田選手を抑えて、4番に座り、見事に結果を残しました。
下馬評では侍ジャパンの打線はあまり期待されていなかったのですが、筒香選手のさすが4番という活躍でチームも波に乗って行きました。

以前筒香選手がバットの製作工場へ行きバットを選ぶ映像を見たことがありますが、ミリ単位の感触を職人に要求し、試打を重ねる姿に前述した天才打者たちと同じようなものを感じました。
その試打シーンもただ打っているという感じではなくしっかり吟味して打っているというのが伝わってきました。

今シーズンWBCの影響か、今一つ波に乗れない筒香選手ではありますが、侍ジャパンの4番を任され、結果を残してきた選手ですから、いずれきっちりとアジャストして打ちだすことでしょう。
それほど今の筒香選手はバッターとして確立していると思います。

打撃も心も重心を大切!横浜DeNAベイスターズの筒香選手。

横浜DeNAベイスターズに所属する筒香嘉智選手、横浜高校時代からハマのゴジラとの異名を持ち、横浜ベイスターズからドラフト1位で指名され2010年に入団、その後は着実に力をつけていき、プロ7年目の2016年には、見事にホームラン王、打点王の二冠王に輝きました。
侍ジャパンには2015年に初選出されて以来、不動の4番打者として君臨、今年のWBCでは、準決勝で破れたもののチームの主軸として文句なしの活躍をしたのが記憶に新しいところです。

そんな筒香選手ですが、その練習方法や、生活にも独特のこだわりがあり、例えば自主トレの際に行う朝の散歩では、より足の重心を確認しやすくする為、手作りのサンダルで散歩を行い、より素足に近い感覚を確かめながら散歩を行ったり、打撃練習では、グリップからバットの先端までほとんど太さの変わらないバットを使用して練習する等独特のこだわりが感じられます。

私生活では、心の重心を整える為、部屋は必ずといって良いほど綺麗にしていたり、心の安定を図るため、野球以外の様々な話題にもついていけるよう毎日欠かさず新聞を読んでいると言うこだわり様です。
最高のバッターは技術だけでなく、心までも整えてこそ最高の打撃なんだなと痛感します。