横浜市金沢区八景島、海のバーベキュー「焼屋」。

海のバーベキューを楽しめる「焼屋」は場所は人気の八景島シーパラダイス内にあります。
海の動物と触れ合って遊んだ後で手ぶらでバーベキューを楽しめます。

店名:海のバーベキュー 焼屋
住所:神奈川県横浜市金沢区八景島 ベイマーケットB棟 1F
電話:045-788-9767

焼屋の半分は屋外の席ですが、外の雰囲気を楽しみながらも雨天でも濡れずにバーベキューができる屋内の席もあります。
なんと合計640席です。
料金は大人(中学生以上)2,400円 、小人(4才~小学生)1,200円です。

食べ放題メニューです。
赤エビ(アルゼンチン産)、ホタテ串、イカゲソ串、紋甲イカゲソ串、ミックス串、金目鯛干物、秋刀魚みりん干し、牛カルビ、塩だれ牛カルビ、牛ロース塩だれ、醤油だれ牛肩ロース、豚ロース、味噌だれ豚ロース、ソーセージ、キャベツ、ニンジン、ピーマン、タマネギ、とうもろこし、キムチ、ピーマン、かぼちゃ、きのこ、ライス、ゼリー、フルーツカクテルです。
食べ放題メニューは予告無く変更となる場合がございますが、いずれも90分食べ放題のめです。

焼屋の店員さんはアルバイトだと思いますが、若い方ばかりで元気がいっぱいです。
八景島シーパラダイスは、花火をあげるなどのイベントがあるので、座ったまま楽しめます。
個人的な感想では、焼屋はバースデーなどのお祝いやサプライズパーティーにぴったりな雰囲気です。

三重県の郷土料理、鳥網焼き「鳥元」で鳥を満喫しよう!

松阪市といえば「松阪牛」を連想される方が多いと思いますが、松阪市民のソウルフードとして昔から愛されてきたのは鳥の網焼きです。
おどろきなことに松阪市では網焼きが有名で、みなさんが想像するような串に刺さった焼き鳥のお店はほとんど見かけません。
数多くある網焼き店の中でも今回ご紹介させて頂くお店は、三重県松阪市にある鳥元というお店です。

松阪駅隣の東松阪駅から徒歩約5分にある鳥元。
見た目はこじんまりしたお店です。
鳥元のスタッフは愉快な年配のご夫婦と息子さんの3人です。
3人ともとても気さくでお客さんの少ない時にはよく話しかけてくれます。

さて、鳥元の料理ですが、はじめて網焼きに行かれる方は、メニューの少なさに驚くかもしれません。
メインは鶏肉。
それ以外はキャベツやキムチくらいしかありません。
いろんなものを食べたいという方には少し不向きかもしれませんが、鳥元は鳥の網焼きのお店なので鳥を思う存分楽しんでいただけると思います。

鶏肉にはムネ、モモ、ヒネとあります。
どれも1人前450円程度なのでお財布にも優しいです。
鳥元は、錦爽鶏(きんそうどり)という鳥を扱っています。

東海地方(特に三河地方)で有名な鳥で、肉質は柔らかいにも関わらず、程よい歯ごたえがあります。
また皮は薄く、脂肪分が少ないため女性の方でもくどくなく食べていただけると思います。

またより新鮮な状態でお客様に食べていただきたいとの、鳥元の店主のこだわりにより、肉の入荷があった際には刺身でも食べられます。
刺身がまた絶品で、おつまみとしても最高です。

他店ではみそダレを絡めたお肉を焼き、更にみそダレにつけて食べるのが主流ですが、鳥元では素材・鮮度にこだわっているため、味は軽く塩をかけているのみ。
つけダレはみそ、塩どちらでも好みでつけて食べられます。

お肉も焼きすぎず、よりジューシーな状態で食べることができます。
鳥元は、食材はもちろんのこと、調味料との相性にへのこだわりを大事にしているので、よりおいしい食べ方や自分の好みに合った食べ方が実現できるでしょう。

観光で来られても伊勢志摩に向かう方がほとんどのため、松阪市は通り過ぎる方が多く、また松阪に来たからにはとみなさん高級な松阪牛に手を伸ばしがちですが、お財布にも優しく、松阪市民の郷土料理でもある鳥の網焼き。
ぜひ松阪に来られた際には、鳥元で松阪の味を堪能してみてはいかがでしょうか?

店名:鳥元
住所:三重県松阪市大津町824-1
電話:0598-31-1293

東京都東久留米市、安心の美味しさ!「松屋 東久留米南町店」。

松屋は多くの地域にあるのですが、東久留米南町店の松屋がオススメな理由は「柔軟に対応をしてくれる」と言う点がとても魅力的に感じました。
他の店舗では「つゆだく」と言っても、あまりつゆだくでは無かったり、聞こえないフリをしたりと本当に対応が悪いところがとても多くありますが、東久留米南町店の松屋は「つゆだく」と注文をしたら並々とつゆを多く入れてくださったので、とても感謝しております。

また、一度「つゆだく」を頼んでみて、少ししかつゆが入っていなかった時がありましたが、素直に「もっと欲しい」と頼むと、何度も確認をしながらつゆを足してくださったので、とても良い対応をしてくれたと心から感謝しました。

松屋 東久留米南町店の接客態度については申し分なく、箸が落ちてしまった時もすぐに手伝ってくださったりと、スピーディーに動いてくださるので、不満に感じてしまう点がありませんでした。
おすすめはやはり、シンプルな牛丼で、価格も他の店舗と変わらない値段となっている為、少しお腹が空いた時や、気軽に行きたい時でも安心して通うことが出来るので、とても満足しております。

店名:松屋 東久留米南町店
住所:〒203-0031 東京都東久留米市南町4丁目1-11
電話:042-451-5665

柏に来たらオススメ!柏で本格カレーと言えば「ボンベイ」。

柏に来たらオススメなのがカレーの「ボンベイ」です。
柏に3店舗あります。

『ボンベイ本店』
千葉県柏市3-6-16
04-7164-5488

『ボンベイ西口店』
千葉県柏市旭町1-7-17 中山ビル1F
04-7145-2797

『ボンベイ柏マルイ店』
千葉県柏市柏1-1-11 柏マルイ2F
04-7168-3220

私はボンベイ西口店にランチで行きました。
座席はカウンターとテーブル席がありますが、そこまで広くはありません。
意外と男性の一人客が多く、中には女性の一人客もいました。

ボンベイのオススメはカシミールカレー。
創業時から不動の人気だそうです。
メニューには「チキン・極辛口」と書いてあります。

カシミールカレーを注文しました。
5分ほど待つと、平たく盛られたライスと、カレールーが別々の皿に入れられて運ばれます。
カレールーの中には大きなチキンがゴロゴロ入っています。

さっそくカレールーをライスにかけて一口。
か、辛い・・・!!!!
さすが極辛口、思いっきり辛いです。

でも辛さの中にもなんかクセになるものがあり、ヒィヒイ言いながら完食。
食べ終わった後もしばらく口の中が辛くて辛くて大変でしたが、美味しかったです。

でも、少しでも辛いものが苦手な人は食べない方がいいです。
カシミールカレーの他にも、チキンカレーや野菜のカレーなどあり、辛くないものもあるようです。

ランチ時のボンベイは、平日でも混みあいます。
時間によっては並ぶこともありますので、時間には余裕を持っていくか、昼ピーク時間帯を外して行くことをおすすめします。

極上ランチタイム、東京都新宿区「クルーズ・クルーズ」。

クルーズ・クルーズ 新宿はランチタイムがおすすめです。
ウエディングレストランとしても使用されるくらい綺麗で広いお店です。
夜のクルーズ・クルーズは、かなり値段が高く気軽にはいけませんが、ランチタイムのベジタブルブッフェは2500円はものすごくおすすめです。

2500円の中身は最高です。
まず、クルーズ・クルーズでは、ブッフェでネックとなる時間制限がありません。
メイン・デザートはメニューから選び、前菜のみブッフェ形式となっていますが、その前菜がメインかと思うくらい種類も多く、前菜の枠を超えているくらボリュームがあります。
なので、あまりの種類の多さとおいしさに前菜を食べ過ぎるとメインに差し障るので注意が必要です。

またベジタブルブッフェの名にふさわしく、野菜ソムリエがいるくらい野菜がふんだんに使用されていて生でも食べられるし、野菜ジュースもありますので、身体にも非常に良く店内は女性客がとても多いです。
広めの席で時間制限なくゆったりとした時間をクルーズ・クルーズで過ごせます。

店員さんがさすが高級店という感じでみなさん物腰がやわらかで丁寧で感じの良い接客です。
土日祝日も同じ値段でやっていますが、ウエディングが入ってしまうと突発的にブッフェがやっていないこともあるので事前に予約することをおすすめします。

店名:クルーズ・クルーズ 新宿
住所:東京都新宿区新宿3-5-4 レインボービレッジ8・9F
電話:03-5485-3900

宇部市の隠れ名店、一度「壱 上宇部店」に行こう!

私が紹介するお店は山口県宇部市にある、壱 上宇部店です。
壱はどんぶりとうどんで有名なお店で、人気のあるメニューは天丼とかつ丼で650円です。

また、時期や仕入れのネタにより左右されメニューには書いてあるが注文してもないことが多いのがみそ豚丼で、これは隠れ人気メニューで是非聞いてみて仕入れのネタがあるときは食べてほしいメニューで価格は650円になります。
両方とも、ご飯の大盛り料金は無料となっており、天丼については揚げたてサクサクで大きなエビ天が2本も入り、他にもナスやカボチャなどの天ぷらが入っています。

みそ豚丼は甘辛く味付けされており、豚と野菜のバランスが絶妙な一品になっています。
両方とも確実に650円では安すぎると思えるメニューになっています。

壱のサイドメニューのミニうどんがセットで注文するとが100円と大変安くなっているため、セットで注文するお客さんも多くいます。
営業時間は11時から21時までで昼食と夕食のどちらでも利用することができます。

壱の店内はカウンター席とテーブル席、掘りごたつの座席の3種類に別れています。
店員は基本的に3名おり、ひとりは職人のような店主、元気のいい女性と将来自分でお店を持ちたく弟子入りをしている若者をいつも見かけます。
一度食べに行くと常連になる方も多い為、おすすめの飲食店です。

店名:壱 上宇部店
住所:山口県宇部市上宇部2409-7
電話:0836-32-4800