極上ランチタイム、東京都新宿区「クルーズ・クルーズ」。

クルーズ・クルーズ 新宿はランチタイムがおすすめです。
ウエディングレストランとしても使用されるくらい綺麗で広いお店です。
夜のクルーズ・クルーズは、かなり値段が高く気軽にはいけませんが、ランチタイムのベジタブルブッフェは2500円はものすごくおすすめです。

2500円の中身は最高です。
まず、クルーズ・クルーズでは、ブッフェでネックとなる時間制限がありません。
メイン・デザートはメニューから選び、前菜のみブッフェ形式となっていますが、その前菜がメインかと思うくらい種類も多く、前菜の枠を超えているくらボリュームがあります。
なので、あまりの種類の多さとおいしさに前菜を食べ過ぎるとメインに差し障るので注意が必要です。

またベジタブルブッフェの名にふさわしく、野菜ソムリエがいるくらい野菜がふんだんに使用されていて生でも食べられるし、野菜ジュースもありますので、身体にも非常に良く店内は女性客がとても多いです。
広めの席で時間制限なくゆったりとした時間をクルーズ・クルーズで過ごせます。

店員さんがさすが高級店という感じでみなさん物腰がやわらかで丁寧で感じの良い接客です。
土日祝日も同じ値段でやっていますが、ウエディングが入ってしまうと突発的にブッフェがやっていないこともあるので事前に予約することをおすすめします。

店名:クルーズ・クルーズ 新宿
住所:東京都新宿区新宿3-5-4 レインボービレッジ8・9F
電話:03-5485-3900

阿倍野の「サンミ」で不足しがちな栄養を美味しくチャージ!

サンミは、JRの天王寺駅から南へ徒歩10分ほどの所にあるこじんまりとしたお店ですが、見るからに健康に良さそうなお料理は人気があり、いつも女性のお客さんでいっぱいです。

ほとんどの方が注文するのが¥885で食べれる日替わりヘルシープレートです。
主菜と副菜が3品、100%玄米のごはんとたっぷりのサラダ、お味噌汁がついたサンミの日替わりメニューはビタミン、ミネラル、食物船など普段不足しがちな栄養がしっかりと取れるようにお野菜がふんだんに使われているので健康志向のOLやいろんなものを少しづつ食べたいという女子にも人気があります。

サンミ店内はナチュラルな雰囲気で女性客が多いので、一人でランチをするにも入りやすい雰囲気です。
また、お料理は見た目も色鮮やかに盛り付けられているのでとてもおしゃれで、食べる前にカメラを向けてしまいます。
お家でこれだけの品数を用意するのはなかなか難しいですが、サンミの盛り付け方やお料理の取り合わせなども参考にもなりそうですね。

そして、食後には豆乳プリンや丹波の黒豆きな粉や玄米フレークを使ったパフェなどのスイーツも人気で、甘さ控えめにヘルシーに作られているのでつい自分にも甘くなってしまいます。

店名: 実身美 sangmi サンミ あべの店
住所:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-39
電話:06-6622-2135

宇部市の隠れ名店、一度「壱 上宇部店」に行こう!

私が紹介するお店は山口県宇部市にある、壱 上宇部店です。
壱はどんぶりとうどんで有名なお店で、人気のあるメニューは天丼とかつ丼で650円です。

また、時期や仕入れのネタにより左右されメニューには書いてあるが注文してもないことが多いのがみそ豚丼で、これは隠れ人気メニューで是非聞いてみて仕入れのネタがあるときは食べてほしいメニューで価格は650円になります。
両方とも、ご飯の大盛り料金は無料となっており、天丼については揚げたてサクサクで大きなエビ天が2本も入り、他にもナスやカボチャなどの天ぷらが入っています。

みそ豚丼は甘辛く味付けされており、豚と野菜のバランスが絶妙な一品になっています。
両方とも確実に650円では安すぎると思えるメニューになっています。

壱のサイドメニューのミニうどんがセットで注文するとが100円と大変安くなっているため、セットで注文するお客さんも多くいます。
営業時間は11時から21時までで昼食と夕食のどちらでも利用することができます。

壱の店内はカウンター席とテーブル席、掘りごたつの座席の3種類に別れています。
店員は基本的に3名おり、ひとりは職人のような店主、元気のいい女性と将来自分でお店を持ちたく弟子入りをしている若者をいつも見かけます。
一度食べに行くと常連になる方も多い為、おすすめの飲食店です。

店名:壱 上宇部店
住所:山口県宇部市上宇部2409-7
電話:0836-32-4800

滋賀のイタリアンはPSマリノ三井アウトレットパーク滋賀竜王店。

マリノの店舗は全国にありますが、「PSマリノ 三井アウトレットパーク 滋賀竜王店」はサラダ、ピザ、パスタ、デザートがビュッフェ形式でいただけるスタイルです。
特にパスタは麺とソースの種類を選んで目の前で仕上げてもらえるものもあり、自分で選ぶ楽しみもあります。
パスタはもちもちとしていて美味しいです。

ピザはいつもかなりの種類があるのですが、すぐにお客が食べてしまうこともあり、すぐに焼き立てが出てきます。
焼き立てでなくても、各卓に温めるプレートがあるのであったかい状態でいただくことができます。

イチゴやチョコ、カスタードを使用したデザートピザもあり、美味しいです。
デザートはこの他にあり、ババロアやゼリー、フルーツなどのさっぱり系と、プチケーキが用意されているので自分の好みに合わせて選ぶことができます。

ドリンクバーもありますが、必要に応じて付ける、付けないを選択できるのが良いです。
イタリアンだけに店員さんも少し陽気な感じで接客してくれるので、「PSマリノ 三井アウトレットパーク 滋賀竜王店」の店内はにぎやかな雰囲気になっています。
カジュアルなイタリアンという感じですが、少しずつ色々食べたい人にはぴったりだと思います。

店名:PSマリノ 三井アウトレットパーク 滋賀竜王店
住所:滋賀県蒲生郡竜王町大字薬師字砂山1178-694
電話:0748-58-5160

京都のチェーン店、焼肉やる気の店員の接客態度についての実体験。

焼肉やる気は、ハラミ、タン、ユッケ、などもあり、味はチェーン店にしてはそこそこで、食べ放題にすると2500円から食べれたと思います。
しかし、接客態度(私の場合は店長)が最悪ででした。
それまで何度も焼肉やる気に来店しており、その日はある程度の注文もそろい肉を焼き始めたとき、一人の店員が私たち家族のテーブルの空いた皿を取ろうとしたとき自分のお盆に乗っていた他の客飲み残しを私を含めテーブルにぶちまけました。

私はびしょぬれ、焼いていた肉やまだ焼いていない肉にまでかかりました。
男の店員はあわててかたずけものすごく謝りました。
それを横目に他の女子店員は手伝うでもなく知らん顔、店長も謝りにこないまま、肉を交換してもらいました。

それでも帰るまで我慢していましたが、あまりにも腹が立ち、焼肉やる気店長を呼びました。
「何で、すぐに誤りに来ないんだ。この店の責任者はお前だろ」と言ったところ「こぼした店員がもう誤ったから大丈夫かと」と言う返事にあきれて言葉が出ませんでした。
3~4年前のことです。

会計もなんのサービスや割引も無くただただ普通支払っただけでした。
こぼした店員より見ているのに知らん顔の他の店員、店長に今でも腹が立ちます。

他にもその店に行ったことのある人間はやはり店員の態度が悪いと言っていました。
それ以来行っていません。
他にも美味しい焼肉屋は京都にはたくさんあるので。

店名:焼肉やる気 西大路五条店
住所:京都市右京区西院高田町8
電話:075-323-1155

薄焼きピザが最高に美味しい荻窪の「ラヴォーリアマッタ」。

皆さんは味、価格、接客ともに最高で頻繁に訪れるお店はありますか?
私のお勧めは荻窪駅近くにあるラヴォーリアマッタというイタリアンのお店です。
今回はラヴォーリアマッタについてご紹介してみたいと思います。

①お店のイチオシメニュー

ラヴォーリアマッタは釜で焼く薄焼きピザが有名です。
中でもマルゲリータ、生卵をのせて食べるビスマルクは絶品です。
生地は薄くてサクサクしていて軽い食感なので、直径30センチと大きいのですが、大人であれば1枚ペロリと食べられてしまいます。
その他にもペペロンチーノのパスタはニンニクとオリーブオイルの融合が素晴らしく絶品です。
農民風ミートソースも牛挽き肉がゴロゴロ入っていて、食べごたえがある一品です。

②接客
小さな子供がいる場合、ストローつきのドリンクを出してくれたり、お子さま椅子、子供用フォークを用意してくれるなど、サービスも良く大変ありがたいです。
またピザを注文すると、リクエストに応じて切り分けてくれるのもいつも助かっています。
お皿を下げるタイミングも良く、いつも素晴らしい接客で迎えていただけます。

③価格
ランチメニューはありませんが、ランチタイムは冷たい飲み物3種、または温かい飲み物3種が飲み放題で約200円になりかなりお徳です。

以上私がお勧めする荻窪にあるラヴォーリアマッタについてお話しました。

尚お店の詳細は下記になります。

店名:ラヴォーリアマッタ
住所:東京都杉並区上荻1の7の1 ルミネ荻窪5階
電話:03-3393-1801

もし荻窪に立ち寄る予定のある方は是非訪れてみて下さい!

福岡・大橋、スタミナ満点!「まんぷく亭」。

まんぷく亭は、福岡の私鉄西鉄の中でも利用率が第3位の大橋駅から徒歩6分のところにある小さなお店ですが、その満足度は抜群です!
鉄板焼肉!と銘打っているように、鶏肉とキャベツを鉄板でジュージュー焼いたスタミナ満点の鉄板料理と白ご飯とお味噌汁です。
これが一人前(650円)一・五人前(950円)ご飯、味噌汁付き(+150円)とあり、後はビール、焼酎、酒、キムチのみです。

この鉄板スタミナ料理は、そのまま食べても塩コショウなどが利いているので美味しいのですが、ピリ辛な秘伝のタレというものをつけて食べることをお勧めします。
この秘伝のタレを付けることで、更にスタミナ度スーパーアップです!
まさに!白ご飯が無くてはならない!濃い!料理です!(笑)

故に、エンドレスにご飯が止まらなくなります!
お代わりをする際は追加注文という形になりますが、そんなことを気にはさせません(笑)
20代、学生などの男性に特におすすめのお店だと思います。

まんぷく亭は年配の壮年が一人でやっております。
お客さんが多い時はそんなにお客さんと話しているなどの余裕はありませんが、お店が開いていて一人の時などはたまに話しかけてくれますが、気さくな方だと思います。

ただ、まんぷく亭の本場は同じく西鉄の駅である高宮の近くにあるビックリ亭だそうです。
今度機会があればこちらの方に行きたいとずっと思っています。

店名:まんぷく亭
住所:福岡県 福岡市南区 大橋 2-14-5
電話:番号記載なし