東京都立川市の「スターバックスコーヒー」はリザーブ店。

チェーン店として有名なスターバックスコーヒーの中で、ワンランク上のリザーブ店が東京都の立川市にあります。
通常の店舗と同じメニューを扱っているのはもちろんですが、リザーブ店だけの希少な豆を取り扱っていたり、知識豊富な店員さんがコーヒーセミナーなども開催しています。
リザーブ店ならではの知識豊富な店員さんもいるためコーヒー好きにはたまらない店舗だと言えます。

コーヒーの知識が豊富な店員さんの特徴は、エプロンの色がブラックです。
通常の店舗では売っていないスターバックスのグッズも販売しているため、リザーブのロゴが入ったマグカップなどはプレゼントとしても喜ばれます。

スターバックスには「スターバックスカード」という現金を入金できるカードを販売しています。
このカードは店舗や地域によってデザインがことなるため、カード集めが趣味の人もいるくらいです。

リザーブ店にはリザーブ店だけのカードを扱っているため数年前は手に入らず、インターネット上で価値が上昇していた時期がありますが、今は普及してきたので手に入りやすくなっています。
他の店舗でリザーブ店のカードを出すと一目置かれること間違いなしです。

店名:スターバックスコーヒージャパン 立川伊勢丹店
住所:東京都立川市曙町2-5-1 伊勢丹立川店 1F
電話:042-526-8920

東京都町田市、「オランダ坂珈琲邸」の落ち着いた雰囲気で好き。

オランダ坂珈琲邸は、チェーンのコーヒー店です。
コーヒーやお茶メインですが、 ご飯もしっかりと食べることができます。

私が行くのは、だいたいランチの時間帯ですが、ランチメニューも充実しています。
パスタやオムライス、カレーライスなどのメニューが、オランダ坂珈琲邸にはあります。
デザートもパフェやあんみつなど、いろいろありました。味もとても美味しかったです。

オランダ坂珈琲邸の価格帯はだいたい1000円前後で、量はそんなに多くないけれど女性ならばお腹いっぱいになるんじゃないかなという感じです。
プラス300円するとドリンクをつけられます。

オランダ坂珈琲邸のメール会員に登録しておくと、ドリンクの2杯目がサービスになるので長居をしたい方にはオススメです。
落ち着いた雰囲気なので、ゆっくりとランチを楽しめます。
けれど子供にも優しく、オランダ坂珈琲邸のお座敷席には絵本やおもちゃも少し置いてあり、子連れのときはこちらで子供を遊ばせながらゆっくりと食事をとることができます。

こちらのお座敷席は、団体で貸切ることもできるので、ママ会などにもおすすめです。
難点は、ランチの時間帯はとても混み合うようで、注文してから届くのがまでに結構時間がかかりました。
時間に余裕を持って利用することをお勧めします。

店名:オランダ坂珈琲邸 町田金井店
住所:東京都町田市金井8-21-17
電話:042-708-8711

大阪上本町近鉄百貨店内にあるCafe婆娑羅うさぎ堂!

上本町近鉄百貨店内にあるCafe婆娑羅うさぎ堂は、私が上本町での買い物帰りによく立ち寄るお店です。
平日でもお昼時には行列ができるほどの人気ぶりです。

Cafe婆娑羅うさぎ堂は、チーズやデミグラスソース、カレーなどを使用した、みんなが大好きな濃いメニューが特徴です。
その中でもオススメは、トンチーカレーです。
その名の通りトンカツ、チーズ、カレーという最強の組み合わせです。

このカレーは他の店にはない深い味わいが特徴で、一度食べると本当にクセになります。
普段は気にしているカロリーのことなんて頭から吹き飛ぶくらい美味しいカレーなのです。

メニューだけでなく、Cafe婆娑羅うさぎ堂のお店の中もすごく落ち着いた雰囲気で一人でも気兼ねなく入れます。
テーブルやイスだけでなく、さりげなく飾ってあるオブジェもレトロで可愛いです。
コーヒーカップなどの小物も趣味のいい陶器を使用しており、お店全体のセンスがすごくいいと思います。

Cafe婆娑羅うさぎ堂の店員さんの対応も素晴らしく、丁寧でありつつ決してわざとらしくなくて、私にはとても居心地が良かったです。
その人気さゆえに満席で入れないこともありますが、並んででも入りたい大好きなお店です。

店名:Cafe婆娑羅うさぎ堂
住所:大阪府大阪市天王寺区上本町6-1-55近鉄百貨店上本町店12F
電話:06-6771-0039

名古屋市北区、住宅街にたたずむ素敵な店「カフェタナカ本店」。

名古屋市北区の住宅街の中にある、創業50年以上になるカフェです。
カフェタナカ本店の外観はレトロなレンガ造りの建物で、とてもお洒落なカフェです。

この店は珈琲やケーキなどで有名ですが、朝はモーニング、食事メニューとしてはパスタやサンドウィッチなどもあります。
まず珈琲も美味しいと有名で、何種類かあります。
カフェタナカ店内には珈琲焙煎の良い香りがします。

値段はだいたい400円くらいからになります。
紅茶も種類が多く選ぶのが大変です。

ケーキも何種類かありますが、フルーツが乗っているタルト系のものが多いです。
お上品な感じのケーキが多く、お値段は450円から500円くらいだと思います。
ロールケーキなどもあり、私は手土産によく買っていきます。
とても美味しいと好評です。

そしてサンドウィッチやパスタなどの軽食もあるのですが、だいたい700円くらいからになりますが、私は特に熱々の鉄板に乗って出てくるナポリタンが大好きです。
鉄板には卵がふわっと乗っていて、卵を絡めながらナポリタンを食べるとすごく美味しいです。
よく友達とランチに行きますが、カフェタナカ本店のナポリタンはくせになりそうです。

珈琲に紅茶、ケーキにサンドウィッチやパスタなど、色々と楽しめるカフェタナカ。
定員さんはとても対応が良いですし、店内もレトロなカフェといった感じで落ち着きます。
天気の良い日は、カフェタナカ本店のテラスで食事をすることもできます。

名古屋市北区の地に根付いている有名カフェ。
今はデパートなどにもケーキなどが売られているようですが、私はやはりカフェタナカ本店で、店の雰囲気を味わいながらお茶したりパスタを食べたりするのが好きです。
お気に入りのお店の一つです。

店名:カフェタナカ本店
住所:名古屋市北区上飯田西町2-11-2
電話:052-912-6664

愛知県名古屋市、カフェ ジャンシアーヌJR名古屋駅店。

名古屋駅を歩いたことのある方は、ジャンシアーヌのひよこを型どったケーキの看板を一度は見かけたことがあると思います。
可愛いらしい黄色いひよこのケーキ、ぴよりんを。
ジャンシアーヌの近くに住んでいて食べたことのない方や、ご旅行の予定がある方にぜ是非おすすめしたいです。

外はふわふわの黄色いスポンジ、中はババロアと名古屋コーチン使用のプリンになっています。
しっかりカラメルもついていて、見た目が可愛いだけでなく味も絶品です。

チョコレートで出来た目やくちばし、羽なんかもちゃんとついていて表情も微妙にそれぞれ違って、ジャンシアーヌのショーケースに並んだぴよりんを眺めているだけでも楽しめちゃいます。
値段も320円とお手頃です。

食べるだけじゃなく、SNSをしている人は撮影するネタにもなると思います。
通常の黄色いぴよりんの他に、期間限定でシーズンごとにハロウィンやひな祭りなどの特別使用の販売もしているので、さらに楽しめると思います。

お子さんや女子会のお土産にもおすすめです。
もちろんお持ち帰りだけでなく奥がカフェになっているので、ジャンシアーヌ店内でゆっくりと食べることもできます。

店名:カフェ ジャンシアーヌ JR名古屋駅店
住所:名古屋市中村区名駅1-1-4 JR名古屋駅 名古屋中央通り
電話:052-533-6001

南房総市白浜町、燈台の見えるカフェ「Olive(オリーブ)」。

ゴールデンウイーク中に旅行した房総半島でのグルメの紹介第2弾です。
昼食にグリル菜の花で頂いたばかりで少し物足りなさを感じていた私達でした。

何かスィーツの美味しい所はないかと探してみたら、グリル菜の花から歩いて数分の所に、Olive(オリーブ)という名のカフェがありました。
外観は、2階建で、いかにも海辺にありそうな、若者受けしそうなおしゃれな外観でした。
もっと若い人達が働いているのかと思いきや、オリーブという名は、あのユーミンのアルバム名から取ったのではないかと推測していますが、ユーミンと同じ位の方達が働いていらっしゃいました。

色々とメニューが揃っていて、もし昼食をとっていなかったら、カツサンドを頼んでいたかもしれません。
私達は、食後のデザートを食べに来ましたので、主人はチーズケーキとコーヒーのセットを、私はフレンチトーストとコーヒーのセットを注文しました。
オリーブの2階席で食べましたが、野島崎灯台が良く見えていて、快晴のせいか、海も真っ青で、眺めがとても良かったです。

フレンチトーストは、バゲットが3切れとバニラアイスとイチゴのソースがけで、粉砂糖が降り掛かっていました。
とても美味しかったです。
唯、食後のデザートには少々ボリュームがあったかもしれません。
一切れを主人にあげました。

主人のチーズケーキも少し食べさせてもらったのですが、さっぱりととした味わいでした。
オリーブ店内は椅子が籐製で出来ていて、木製のテーブルの上に赤と白のギンガムチェックのテーブルクロスが掛かってありました。
テラスにも出られて、そこでの飲食も可能でした。
が、私達は2階の内部席に座りました。そこからでも海が見えるかどうか確かめたくて。

でも、期待通りちゃんと海どころか灯台も見えました。
唯、オリーブの1階にも席はありますが、そこから灯台や海を眺める事は出来ません。
平日の空いている時がお勧めです。

店名:Olive(オリーブ)
住所:千葉県南房総市白浜町白浜623ー18
電話:0470-30-5255
営業:9:00-17:00
休み:不定休

以上です。

阿倍野の「サンミ」で不足しがちな栄養を美味しくチャージ!

サンミは、JRの天王寺駅から南へ徒歩10分ほどの所にあるこじんまりとしたお店ですが、見るからに健康に良さそうなお料理は人気があり、いつも女性のお客さんでいっぱいです。

ほとんどの方が注文するのが¥885で食べれる日替わりヘルシープレートです。
主菜と副菜が3品、100%玄米のごはんとたっぷりのサラダ、お味噌汁がついたサンミの日替わりメニューはビタミン、ミネラル、食物船など普段不足しがちな栄養がしっかりと取れるようにお野菜がふんだんに使われているので健康志向のOLやいろんなものを少しづつ食べたいという女子にも人気があります。

サンミ店内はナチュラルな雰囲気で女性客が多いので、一人でランチをするにも入りやすい雰囲気です。
また、お料理は見た目も色鮮やかに盛り付けられているのでとてもおしゃれで、食べる前にカメラを向けてしまいます。
お家でこれだけの品数を用意するのはなかなか難しいですが、サンミの盛り付け方やお料理の取り合わせなども参考にもなりそうですね。

そして、食後には豆乳プリンや丹波の黒豆きな粉や玄米フレークを使ったパフェなどのスイーツも人気で、甘さ控えめにヘルシーに作られているのでつい自分にも甘くなってしまいます。

店名: 実身美 sangmi サンミ あべの店
住所:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-39
電話:06-6622-2135