甚太、相模原市南区にあるウナギ料理の名店!

相模原にあるうなぎの名店甚太。
ここのうなぎは本当に絶品。
神奈川でうなぎのお店と言ったら甚太は一、二位を争う美味しさですよ。

店名:甚太
住所:神奈川県相模原市南区下溝314ー4
電話:042−778−3145

甚太は正直、アクセスはとてもしにくいお店。
車の場合は圏央道の相模原愛川ICから20分くらいかかります。

電車の場合はJR相模原線原当麻からタクシーで10分程度。
いずれにしても交通の便はあまりよくありません。

それにも関わらず、甚太にはここの味を求めてうなぎ好きがたくさん集まります。
お店は昔ながらのうなぎやさんと言った感じで、畳敷きの純和風のテイスト。

お店もご年配のご夫婦が切り盛りされています。
オーダーを取っている奥さんは少しつっけんどんな感じがしますが、それは表面的な事。
分からない事がある時、素直に聞くとなんでも教えてくれますよ。

オススメメニューはうな重の竹。
お値段は仕入れやうなぎの大きさによって変わりますが5,500円〜5,900円。
心配な人は事前に電話でお値段を確認された方が良いかもしれません。

少し高いうなぎですが、味は本当に逸品。
お重いっぱいに敷き詰められたうなぎは、表面はカリッと焼かれていて中はふわふわです。

そこにお店自慢のタレがかかり、一口頬張れば口の中いっぱいに香ばしいうなぎと甘いタレの香りが広がります。
これ、一度食べたら完全に癖になります。

お店のアクセスの便が悪いのに、なぜファンは足繁く通うのか、すぐに理解出来ると思います。
甚太ではおすすめのメニューはやはりうな重ですが、白焼き(4,500円〜5,000円)、うなぎの肝焼き(500円)もとても美味しく是非食べていただきたいメニューです。

神奈川は老舗料理店は横浜に集中していますが、うなぎに関しては相模原にもこのような名店があるんです。
是非、相模原にお越しの際は甚太にお立ち寄り下さい。

鵜の真似をする烏