債務整理したら借金減額されて取り立ても止まる!

借金をする場合、計画的にすれば返済することができなくなってしまうといったことはあまりありませんが、無計画に借金をしてしまうとどうしても返済することができない額のお金を借りてしまいます。

そして無計画に借金をして返済できなくなってしまった人は、すぐに債務整理をする人が多いです。

この手続きは、自分の負っている借金をいろいろな手段で整理することによって借金問題を解決していく方法のことで、法律の専門家にしてもらうのが一般的です。

そこでなぜ多くの人が借金を返済することができなくなってしまった場合にすぐに法的手続きをするのかというと、いくつかの理由があります。

まず手続きを法律の専門家にお願いすることによって借入先の消費者金融からの取立てがストップするので安心して日々の生活を送ることができるようになります。

債務整理したらどうなるか?
と心配する人が、以前よりもずっと減っているのも大きいと思います。

次に債務整理をすることによって法律の専門家が常にサポートしてくれるので心強い味方ができ、気持ちを強く持って前向きに生活をすることができます。
実際に支払い負担が減額されることも大きいですね。

それから長い期間借金と返済を繰り返している人は借金の払い過ぎの状態になっている可能性が高く、この場合は過払い金を取り戻すことができるのですが、一定の期間に過払い金の返還請求をしないと時効にかかってしまい取り戻せなくなってしまうからです。

参考サイト:債務整理の道標

借金減額シミュレーターで債務整理したら?

債務整理を行う目安・タイミングは特に決まってはいません。
借金減額シミュレーターで診断して決める人も増えてきています。

一般的に手取り月収の3割以上を、月々の返済に取られるようになると生活が逼迫してきますので、そのタイミングで検討することになるでしょう。
転職や、失業などの収入が下がったタイミングで弁護士に相談される方も多いですね。

債務整理方法を決める目安

債務整理を法律事務所に依頼すると、弁護士は各債権者に連絡して借金返済の履歴表を取り寄せます。
履歴を元に、利息制限法に基づいた金利の引き直し計算を行い、現在の借入残高を算出します。

そして住宅ローン以外を今の収入で3年~5年以内に完済できないようであれば、自己破産手続きを勧められます。

3~5年以内に完済できて住宅ローンがあれば個人再生、住宅ローンがなければ任意整理のパターンが多いです。
もちろん、自宅売却を行う人もいるので一概には言えませんが、上記のような流れになるのが殆どです。

債務整理したら解決できるか借金減額シミュレーターで診断

初回相談無料の弁護士が増えたとはいえ、やはり法律事務所に連絡することに抵抗のある人は多いようです。
当サイトでも紹介していますが、借金減額シミュレーターで診断可能ですので、まずは自分の状況で弁護士に依頼して解決可能かどうかを確認すると良いでしょう。

名前・住所・電話番号などの個人情報なしでシミュレーション可能なので、債務整理を検討中の人にかなり人気です。

債務整理できるか借金減額シミュレーターで診断

債務整理したらどうなるか悩んでいるけど、人に知られず気軽に相談したいという方は多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめするのが、街角法律相談所です。

街角法律相談所は、無料の借金減額シミュレーターによって全国から利用者の状況にあった事務所を選び抜いてくれる強い味方です。

無料借金減額シミュレーターは、利用者に合った会社を教えてくれるだけでなく、債務整理したら減額される金額の見積もりもだしてくれるので、どこの相談所がいいのか選択する幅を広げてくれるのです。
登録さえすればIDとパスワードが発行されるので、自分にあった場所を探してみるといいでしょう。

具体的な金額、例えばいま借金している金額と、毎月の支払額を記入することで、どれぐらいの減額が行われるのかシミュレートしてくれるのでこういった場合はどうだろうと、借金していなくてもイメージを持つことはできるので、勉強の意味で使うのもいいでしょう。

どんなエリアであっても近くにある実績のある場所を紹介してもらえるので、諦めず検索してみてください。
紹介された事務所と連絡をとりあうこともできるので、疑問に思ったことやどのような対応をしてくれるのか、しっかりと聞いて吟味して決めることもできます。

どこに相談したらいいかわからないと言う方は街角法律相談事務所を利用して、どんな債務整理を行えばいいのか助け舟を出してもらってください。
一人で抱え込んでしまうと、債権者に相手にされない場合もあるので、知識がしっかりとある専門家と相談しましょう。

鵜の真似をする烏