餃子の王将 国道近江八幡店は天津飯と餃子がおすすめ

店名:餃子の王将 国道近江八幡店
住所:滋賀県近江八幡市馬淵町1715
電話:0748-37-1056

餃子の王将の一押しメニューは「天津飯(440円)」と「餃子一人前6個(220円」」です。
餃子の王将は、何といっても全体的に値段が安いのが特徴です。
しかも値段が安いだけでなく、ボリュームも満点で味もとても美味しいです。

「天津飯」は餃子の王将の看板メニューの一つで、大盛りの白いごはんの上に、カニの身やネギなどの具材が入ったふんわりとした卵焼きを載せ、その上にお皿いっぱいに熱々のあんかけをたっぷりと乗せたボリューム満点のメニューです。
白いご飯とあんかけ、卵のバランスが絶妙で、シャキシャキとしたネギなどの具材も合わさった餃子の王将の逸品です。
かなりのボリュームでこの値段なので非常にお得です。

もう一つの餃子の王将一押しメニューは「餃子」です。
熱々の餃子は外の皮はパリっとしていて、中はジューシーで美味しく、一人前6個入りで220円と中々リーズナブルです。
夫婦二人で行ったのですが餃子二人前を注文したところ、大きめのお皿にまとめて二人前の12個を乗せてテーブルに持ってきてくれました。

もう一つ紹介します。
「チャーシュー麺(660円)」は麺が見えないほどに一面にチャーシューが敷き詰められていて、スープの塩気と柔らかいチャーシューの甘みのバランスが絶妙です。
さらに中央部にネギを盛り付けてあり、これがまたスープに絡んでシャキシャキとした食感を生み出していてサッパリとした後味を演出しています。

餃子の王将の店内の雰囲気は、レトロな昔ながらのチェーン店のラーメン屋さんという雰囲気で、店内の匂いも、どこか懐かしい雰囲気のラーメン屋さんの匂いが立ち込めています。
平日の夜に行ったのですが、お店は多くのお客さんで混雑しておりましたが、店員さんは元気がよく、特に丁寧過ぎることもなく気張る感じもなく接客対応も普通でした。

鵜の真似をする烏