三重県の郷土料理、鳥網焼き「鳥元」で鳥を満喫しよう!

松阪市といえば「松阪牛」を連想される方が多いと思いますが、松阪市民のソウルフードとして昔から愛されてきたのは鳥の網焼きです。
おどろきなことに松阪市では網焼きが有名で、みなさんが想像するような串に刺さった焼き鳥のお店はほとんど見かけません。
数多くある網焼き店の中でも今回ご紹介させて頂くお店は、三重県松阪市にある鳥元というお店です。

松阪駅隣の東松阪駅から徒歩約5分にある鳥元。
見た目はこじんまりしたお店です。
鳥元のスタッフは愉快な年配のご夫婦と息子さんの3人です。
3人ともとても気さくでお客さんの少ない時にはよく話しかけてくれます。

さて、鳥元の料理ですが、はじめて網焼きに行かれる方は、メニューの少なさに驚くかもしれません。
メインは鶏肉。
それ以外はキャベツやキムチくらいしかありません。
いろんなものを食べたいという方には少し不向きかもしれませんが、鳥元は鳥の網焼きのお店なので鳥を思う存分楽しんでいただけると思います。

鶏肉にはムネ、モモ、ヒネとあります。
どれも1人前450円程度なのでお財布にも優しいです。
鳥元は、錦爽鶏(きんそうどり)という鳥を扱っています。

東海地方(特に三河地方)で有名な鳥で、肉質は柔らかいにも関わらず、程よい歯ごたえがあります。
また皮は薄く、脂肪分が少ないため女性の方でもくどくなく食べていただけると思います。

またより新鮮な状態でお客様に食べていただきたいとの、鳥元の店主のこだわりにより、肉の入荷があった際には刺身でも食べられます。
刺身がまた絶品で、おつまみとしても最高です。

他店ではみそダレを絡めたお肉を焼き、更にみそダレにつけて食べるのが主流ですが、鳥元では素材・鮮度にこだわっているため、味は軽く塩をかけているのみ。
つけダレはみそ、塩どちらでも好みでつけて食べられます。

お肉も焼きすぎず、よりジューシーな状態で食べることができます。
鳥元は、食材はもちろんのこと、調味料との相性にへのこだわりを大事にしているので、よりおいしい食べ方や自分の好みに合った食べ方が実現できるでしょう。

観光で来られても伊勢志摩に向かう方がほとんどのため、松阪市は通り過ぎる方が多く、また松阪に来たからにはとみなさん高級な松阪牛に手を伸ばしがちですが、お財布にも優しく、松阪市民の郷土料理でもある鳥の網焼き。
ぜひ松阪に来られた際には、鳥元で松阪の味を堪能してみてはいかがでしょうか?

店名:鳥元
住所:三重県松阪市大津町824-1
電話:0598-31-1293

鵜の真似をする烏